スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に沁み込むストーリー

  • 2007/01/23(火) 02:09:08

走ってる訳じゃない!


こんにちは。
読書が好きです。
今まで何冊の本を読んだだろう・・・。色々なジャンルの本を読んできたつもりです。
そしてこれからも読んでいくことでしょう。

が、折角読んだものの全く記憶に残っていない本が殆どです。
きっと皆さんもそうでしょう。

そんな中で何故か心に残っている本や、本の中のワンシーンがあると思います。
もちろん沢山あるのですが、その中で最近良く思い出す話を聞いてもらえますか?
ちょっと長いので、お時間の許す方はどうぞ!






それは「オネアミスの翼 王立宇宙軍」という話の中の一部です。
この話はアニメ映画にもなったので(古いですが)ご存知の方も居られるかと思います。
原作の中の映像化されなかった部分なんですが・・・。

主人公のシロツグは飛行機のパイロットを目指す真面目な青年です。
しかしシロツグが好きになったのは、美しいが遊びなれた少しスレた女性(名前を忘れてしまったのですが)。
付き合う事になったものの、女性は夜遊びの毎日です。
ある日深夜に帰宅した女性が見たのは、自宅の玄関の前で待っているシロツグの姿。
シロツグは彼女の頬を叩き、若い女が夜遊びをする事を戒めます。
彼女は初めて本気で自分を心配してくれる男性に会っていた事に気付き、以降浮ついた生活をやめて真面目に暮らします。
そしてシロツグと愛を育みます。
暫く幸せな日々が流れるのですが・・・。
シロツグはなかなか飛行機のパイロットになれず、挫折の日々を送ります。
徐々に、徐々に、失望から性格が荒れてくるシロツグ。
彼女は必死にシロツグを支え、励ますのですが、シロツグはやがて酒に溺れパイロットの夢を無くしていきます。
それでも、女性はかつてのシロツグに戻ってもらえるように努力するのです。
ある日仕事から戻った彼女の自宅前に酔ったシロツグが待っていて、部屋の中に入ると強引に彼女を抱こうとします。
彼女は愛情ではなく慰めに抱かれる事を拒否するのですが、その時にシロツグに殴られてしまうのです。
すると彼女は静かに涙を流して、
「初めて貴方に殴られた時、私は貴方に付いて行く決心をした。今貴方に殴られて、私は貴方と別れることが出来る・・・。」
と言い、シロツグの元を去るのです。

僕はシロツグとこの昔の彼女の話を思い出す度に、とても切ない気持ちになります。
暴力はともかくとして、男と女の間にはよくある話なのかもしれません。
この後シロツグは頑張って人類初の宇宙飛行士になるのですが、彼女は知らない街でシロツグの成功を喜ぶのです。
随分昔に読んだので細部は違うかもしれませんが、大まかな流れはこんな感じでした。


皆さんもふと思い出す話がありますか?
例えそれが創作小説だとしても、心に残る話は大切にしたいですね!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

思い出の本ですかー。。ゆゆも子供の頃から本はダイスキで よく読んでたんですが最近はあまり(^-^; 寝る前に読もうとすると3ページで睡魔に襲われますw

今フト思い出したのは 本といってもマンガなんだけど「ファミリー」(渡辺多恵子)というのです
ヤ○ザな「ファミリー」ではなく、家族の「ファミリー」なんですけどね?w
一応1話ずつで区切られているんだけど、どれもいい話です 考えさせられたり、暖かかったり。
もちをさんとは、ツボが似てるよぅなので(w)多分気に入ってもらえるかと
いつか機会があれば、読んでみてくださぃ♪

  • 投稿者: ゆゆ♪
  • 2007/01/23(火) 08:27:22
  • [編集]

今回の絵はまた元気はつらつとしてますね~
走ると プルン!っとゆれる太もも…エッチィですね><ってあたし…女でした^^;
彼の成功を陰で喜ぶけなげな女性…男女とわず、そんな風に人と思いやれる人間にならなくてはいけないと最近しみじみ痛感したきーまんです。。。

  • 投稿者: きーまん
  • 2007/01/23(火) 09:33:07
  • [編集]

ゆゆ♪さんへ

ゆゆ♪さん、こんにちは。
僕は寝る前に本を読むと、眠いのに先が気になって読んでしまい朝寝坊のパターンですね!v-394

「ファミリー」ですか?面白そうですね!
「悪魔の花嫁」もそうですが、一話完結タイプの話は大好きです。
一話で纏めるのはとても難しいんですが、それだけに面白味が伝わりますよね。
古本屋さんで探してみます!v-411

  • 投稿者: もちを
  • 2007/01/23(火) 10:55:51
  • [編集]

きーまんさんへ

きーまんさん、こんにちは。
跳ねているところを描いたつもりなんですけど、走るポーズの出来損ないみたいになってしまいました。
なんか表情がアレなんですけどね・・・。v-393

しかし「プルン」が太ももっていうのは、かなり「通」なご意見かと・・・。v-411
普通は「おっぱい」だと思います!

この話の女性、いい女でしょう?
こんな女性に巡り会えたら、もう他に必要なのはお金と健康位のものです(欲張り)!

  • 投稿者: もちを
  • 2007/01/23(火) 11:01:19
  • [編集]

オネアミスは名作ですね。

映画には描かれていない部分ですね・・・

小説、読んでないけど・・・もちを君のコメントを読んでから
オネアミスDVD見たら感動がまた違うかもね。

人は過ちを繰り返し沢山の後悔をし2度あんな思いはしたくない!と心に誓い成長していく生き物だと思います。

  • 投稿者: ビコーです。
  • 2007/01/25(木) 12:46:30
  • [編集]

ビコーさんへ

ビコーさん、こんにちは。
僕も久しぶりに映画を観たくなりました。
僕は映画よりも本を先に読んだので、上記の部分が省かれていたのが残念だったですけど、シロツグとリイクニ(だったっけ?)に主眼を置けば、いらないと言えばいらない話ですね。

ビコーさんは色々失敗もしているけど、それを教訓に正しい道を選択していってるね。
本当に偉いよ。v-398
僕も見習わないとなぁ・・・。

  • 投稿者: もちを
  • 2007/01/26(金) 01:47:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。